クレジットカードの現金化はその名の通り、持っているカードを使用し、商品を購入、そしてその商品の売却額を返金するという手口です。

一旦、その売却額が懐に入りますが、カード会社の支払い義務は免れません。また、業者がマージンを抜いている為、さらに消費者側が損をする事になります。

 

 
買取額の振込が行われるならまだしも、商品だけをだまし取る業者もいるので迂闊に手を出してはいけません。

 
ネットの普及により利便性も上がり、対面で会う必要もなく、オンライン上からの取引もできる為、クレジットカード番号を教えて業者側が商品を購入する方法も多くなっているようです。

 

このような方法は、カード会社も認めておらず、規約違反となり強制退会また、支払不能となり詐欺罪として訴えられる可能性もあります。

 

規約により本人しかクレジットカードは使えなくなっています。たとえ家族でも利用は不可です。

 

カードは個人の所有物ではなく、カード会社から貸与されている物です。

 

こういった方法を斡旋する業者は多く、闇金業者でお金を借りた場合も催促の手口として行われています。

 

クレジットカードの現金化を行った方には一時しのぎの現金が手に入っただけで全くメリットが無い為ご注意ください。

もしも、闇金で借りてしまい、脅しや高額利息の催促にあったら闇金相談を参照してください。

お金に困りクレジットカードの現金化をする人が増えている?